Toru Fujii

Creative Direction & Consulting

藤井 徹  コピーライター /クリエイティブ・ディレクターとして2024年7月ADKより独立。コンセプト開発と価値の言語化を起点に、企業・商品ブランドのコミュニケーション戦略立案から各種クリエイティブの実制作までをお手伝いしています。
これまでの主な仕事に、宝島社「いい国つくろう、何度でも。」「日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。」味の素「野菜の花ことば」「飯スマホやめ〜い!」NTTドコモ「復活!あの頃ケータイ」ユニリーバ Dove「ママをOFFろ」ACジャパン「公共キャンペーン」など。

カンヌ国際広告賞をはじめ、NEW YORK FESTIVALS、アジア太平洋広告祭ADFEST、中近東アフリカCRISTAL広告賞、釜山広告祭など国際アワードの審査員を歴任。One Show Asia、ADFEST、IBA、NEW YORK FESTIVALS、TCC新人賞、ACC賞、広告電通賞、朝日広告賞、読売広告大賞、毎日広告デザイン賞、日本雑誌協会広告賞、日本新聞協会広告賞、日経広告賞、フジサンケイグループ広告大賞、JAA消費者のためになった広告賞グランプリほか受賞。

宣伝会議「クリエイティブ・ディレクション講座」ほか講師、クリエイティブ・コンサルティング活動。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、東京生まれ。東京コピーライターズクラブ会員 

Toru Fujii has been dedicating his creative energy to numerous brands both within and outside of Japan for over 30 years.

The Tokyo native has always had a firm belief that advertising can encourage the world by sharing fresh perspective with people, and he feels that current palpable changes worldwide represent an once-in-a-lifetime chance for all creatives.

The new conception & crafts he presented, have brought him countless awards at both domestic and international festivals; 2 World Medals at New York Festivals, Top Work Showcase at One Show Asia 2020, and the Silver Lotus at Adfest 2021.

Toru has also been putting his heart & soul into serving as a juror for a number of international prestigious advertising awards including, Cannes Lions, New York Festivals, Adfest, MENA Cristal Festivals, Singapore Outdoor Advertising Awards, Outdoor Russia, MAD STARS, and The Drum Awards.

error: Content is protected !!